Subscribe to my RSS feed

女の子を融通しあうのもデリヘルの特徴です。

「業界初」「日本初」「大阪発」という、キャッチコピーがつけられる規格は、メディアも記事にしたがるので取材もやりやすいのです。
取材は広告と異なり費用がかかりませんから、これほど費用対効果の高い宣伝手段はないでしょう。
そして、普通のお店のコンセプト・企画に従った、魅力あるソソる女の子に演出するのです。
これが、デリヘルビジネスにとったは極めて有効な戦略です。
お店が流行りだしてきて初めて、「どうやらあの店は繁盛しているらしい。稼げそうだ」という口コミでレベルの高い女の子が面接にやってきます。
あるいは、在籍の女の子が友人を紹介してくれたりします。
それまでは限られた手持ちの女性という制約された条件の下で、まず「企画と演出」から始めるのが成功率を高める戦略なのです。
デリヘルにおいては、サービスを直に提供する女性の力に負う点がかなりのウェイトを占める一方で、女性に全てを頼っていては、その女性が抜けたときにその女性についていたお客さんも同時に離れてしまいます。
デリヘルを開業すると、一店舗だけではなく、さらに店舗を増やして初めて商売の旨みが味わえます。
なぜなら、2店舗目の開業に際してはあらたに事務所を借りる必要がない上に、お店のオープニングスタッフとしての女の子も集める必要もないからです。
1店舗目とは異なる企画・店名でホーム-ページを新たに公開して、電話回線を増設するだけで、もう一店舗のできあがりとなるのです。
女の子は、両方の店に在籍しますが、ホームページ上は顔出ししません。
目隠しをするので、髪型、メイク、コスチューム、源氏名、写真加工で別人に演出するのです。
A店だけで安定した収入と上げられるに越したことはないのですが、どうしても波というものがあります。
2店舗であれば、A店の調子が悪くても、B店がその分を吸収してくれるメリットもありますし相乗効果も狙えます。
場合によっては、B店のほうが企画のほうがウケて、元祖のA店を上回ることも十分にありえます。
デリヘルは、初期投資額を抑えることができるのです。
風俗業界というのは驚くほど閉鎖的です。
そんな風俗業界にあって、デリヘルは比較的新しい業種ですから、経営戦略として、アライアンスを組むことは店舗間でも大きなメリットがあります。
たとえば、たくさん女の子は出勤しているのですが、お客さんが入らず、お茶をひきまくっているA店、お客さんからの電話は鳴りまくっているのですが、女性が足りずに、お客さんを逃がしているB店。
A店がB転に女の子をまわすことによって(当然A店はB店からの一定の報酬有り)、両店にとって経営資源の有効活用による最大利益を実現できます。
風俗業界の中でチェーン店を除いて女の子を融通しあうということはそれほど例があるわけではありません。どちらかというと排他主義的な世界ですから、融通しあうということは画期的なものかもしれません。このあたりは研究の余地のあるところと言えます。

風俗店の新着情報

☆リニューアルオープン☆
厳選された素人系極上の美人奥さまだけご案内致します!
思いっきり価格設定下げちゃいました!
このレベルでこの価格!!
だからお値引きありません!

お逢い頂けば納得の悦びを憶えた身体の疼きを押さえきれない
背徳のリアルな美人奥さまが乱れまくります!

60分  ¥14000
80分  ¥16000
100分 ¥20000
120分 ¥24000
160分 ¥32000
180分 ¥36000

写真指名料¥1000
本指名料 ¥2000
交通費 ¥1000~

本日極上の奥様出勤です!
レベルの違いをご堪能ください!